富士山の麓で代々お茶を作りつつ、世界を飛び回っているお茶大好きマイスターが、日本茶(緑茶)に限らず、お茶と暮らす場所、お茶を楽しむ人のために、お茶に関する情報を提供していきます。


新着情報

日本茶(緑茶)

普段、何気なくお茶と呼び飲んでいる日本茶。
種類、製法、産地、品種、淹れ方・・・お茶にまつわる情報はコチラ
(もっと読む)

煎茶

日本茶の代表と言えば、煎茶(せんちゃ)。普段、お茶や緑茶と呼んでいるお茶のほとんどが煎茶です。...

冠茶

冠茶(かぶせちゃ)は、煎茶と玉露の中間のお茶です。...

玉露

遮光した茶葉で作る玉露は旨味と香りの際立つ最上級の日本茶です。 ...

ほうじ茶

ほうじ茶は日本茶を焙じて作る加工茶で、香ばしさとさっぱり飲める飲み口が特徴です。...

粉茶

煎茶や玉露を作る時に出てくる、お茶の芽が細かな粉になったところだけを集めたのが粉茶です。...

玄米茶

香ばしい煎餅のような香りとお茶の渋味、日本人なら誰でも好きな組み合わせのブレンド、玄米茶。...

釜炒り茶

茶葉を釜で炒り作る釜炒り茶は中国の製法に似た緑茶です。...

茎茶

選別した茎で作るのが茎茶。特有の甘い味と香りがして煎茶とはまた違った良さがあります。...

抹茶

遮光をして作った葉をそのまま乾燥し石臼で引いた抹茶は日本で一番伝統あるお茶です。...

番茶

番茶は成熟した葉を原料にしたお茶で、家庭用やペットボトルの原料になっています...

お茶の木の品種

日本茶の品種は100種以上。それぞれに多様な個性があります。...

お茶の製法

日本茶の製法は世界に類を見ない独特の技術が進化しています。...

お茶の産地

日本中で栽培される茶の木にはそれぞれの産地の特徴があります。...

お茶の歴史

お茶の歴史は人の歴史。世紀の事件を何度も起こします...

お茶の効能・成分

健康、美容に良いとされ紀元前より飲まれているお茶。
その成分の説明や、効果的な飲み方、使い方を知りたい方はコチラ
(もっと読む)

カテキン

お茶の渋味成分カテキン類には様々な効能があります...

カフェイン

お茶をコーヒー、ココアと並ぶ世界三大飲料にした成分カフェイン...

中国/アジア茶

お茶の原点、中国、アジアのお茶。
種類や製法、取り扱いを知りたい方はコチラ
(もっと読む)

緑茶(中国茶)

日本とは違う中国緑茶の種類、淹れ方...

白茶

微発酵茶・白茶の種類、淹れ方...

黄茶

炒りの後に悶黄と言う工程を経てできる貴重な茶種・黄茶の種類と淹れ方...

青茶

華やかな香りの烏龍茶の種類と淹れ方...

紅茶(中国茶)

世界中の紅茶の始まり、中国の紅茶の種類、淹れ方...

黒茶

熟成をして作る後発酵茶の種類と淹れ方...

花茶

花をブレンドする工芸茶や中国ハーブ茶の種類と淹れ方...

日本でつくる中国茶

日本で作られる中国製法のお茶の種類や淹れ方...

紅茶/世界のお茶

紅茶の産地

世界中に広がる紅茶の産地の紹介...

ブログ

お茶に関する面白い話や富士の風景や栽培の様子をお届け
(もっと読む)

blackteasayama

さやまかおりの紅茶

日本茶品種・さやまかおりで作った紅茶。 最近ではグリニッシュ紅茶ばかり目指していたので、ここま...続きを読む

2ndtea

二番茶製造しています

今月の18日より二番茶を製造しています。 新茶と呼ばれる一番茶より50日、お茶の芽は新しく成長...続きを読む

マイスター / 五代目 本多茂兵衛(本多英一)

1984年、静岡県富士市に五代続く製茶業を家業とする茶園の長男として生を受ける。経営者を目指し早稲田大学商学部では国際経済学を専攻、ミクロネシア連邦ヤップ島やブータン王国でのフィールドワークを通して農業の価値を再認識。家業に向き合うことを決心。

2007年、大学卒業とともに一からお茶造りを学ぶため、玉露の産地・福岡県八女で3年間修行し、他流も含めた製茶の手法を修得。2010年、生家に戻り五代目茂兵衛を襲名する。